川尻本蔵「平成西蔵」「製品倉庫東棟」竣工のご報告

2018/10/11 木曜日

平成28年4月の熊本地震で被災した川尻本蔵内の「西囲蔵」と「東蔵」の代替施設「平成西蔵」と「製品倉庫東棟」の建て替え工事が終了し、本日、竣工いたしました。

この2棟は熊本地震からの復旧第二期工事として、酒造閑散期に入った4月に地鎮祭を行い、半年の工期で完成しました。

平成西蔵には被災した瓶詰場から製造ラインを移設、また東蔵の代替に建造した建物は、製品倉庫として利用します。(旧瓶詰場はこれから本格的な復旧工事を行います。)

工事現場周辺は元々地面のレベルが一定ではなかった上に、地震による地盤沈下も生じたため、周辺との折り合いをつけるのにも大きな苦労がありました。
また周囲にも古い建物があるため、工事の工程や配線配管の付け替えなど、工事も難航しました。

それでもこの度ここまで復旧できましたのも、関係の皆様、ならびに応援いただきました皆様の支えの賜物と深く感謝いたしております。

皆様のご支援にお応えできますよう、これまで以上の製品造りを目指してまいります。

 

平成西蔵製品倉庫東棟
地震直後の旧西囲蔵地震直後の旧東蔵
  
ページの先頭へ