瑞鷹酒造と東肥醸造は平成13年10月1日に合併しました

2001/10/1 月曜日

合併のごあいさつ

謹啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は弊醸「清酒瑞鷹」「東肥赤酒」をご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。 

さてこの度、瑞鷹酒造株式会社と同系会社の東肥醸造株式会社は、瑞鷹酒造が存続会社、東肥醸造が被合併会社となり、平成13年10月1日をもって合併いたしました。 

またこれと同時に社名を「瑞鷹株式会社」に変更し、新たな体制でスタートいたしました。 

今回の合併は、昨今の低迷する経済環境と、来るべき酒類販売免許制度の緩和により予想される酒類市場の大きな変化に対応するため、そしてそのような状況の下、弊社が安定した企業活動を継続していくためには、現時点で経営の統合を図ることが最善であると判断したことによるものです。 

元来両社は、経営陣を一にする同系会社であり、元々東肥醸造は瑞鷹酒造の第二工場として創設したものを、戦後別会社として出発させたという経緯に鑑みますと、今回の合併はいわば本来の姿に戻るものでもあります。 

合併後、旧東肥醸造は「瑞鷹株式会社 東肥蔵」として従来のとおり赤酒、焼酎、醤油などの製造を継続いたします。また同じく、旧瑞鷹酒造も「瑞鷹株式会社 川尻本蔵」として日本酒の製造を継続いたします。 

合併後当面の間は、両社とも現在の事業形態を引き継ぐ形で営業を継続しますが、段階的に業務を整理統合し、企業体質の強化を目指す所存でございます。 

これまで東肥醸造、瑞鷹酒造に対して賜りましたご厚情に、あらためまして厚く御礼申し上げますとともに、今後とも変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

謹 白
平成13年10月
瑞鷹株式会社
代表取締役社長 吉村浩平

» 赤酒について詳しく

ページの先頭へ